2020.10.21

電通へ転職・内定するために必要な3つのポイント

株式会社電通(以下:電通)は2019年の売り上げが9000憶を超える、言わずと知れた国内最大手の総合広告代理店です。”電博”として知られ「営業力の電通」、「クリエイティブの博報堂」とも評されています。

以下、電通へ転職・内定するために必要な3つのポイントを解説します。

(1)経験が活かせるポジションに応募する

(2)電通に特化した面接対策をする

(3)選考が進むにつれ、面接もレベルアップする

(1)経験が活かせるポジションに応募する

7,000人近い従業員を抱える電通ですから中途採用する組織は多岐に渡ります。求める経験・スペックも組織ごとに異なります。そのためご自身の経験が活かせるポジションの目星を事前につけた上で応募する、職務経歴書を送る必要があります。ポジションの見極めができていないと職務経歴書で伝えるべきことがぼやけ、残念な結果になってしまうことがよくあります。

・経験が活かせるポジションの目星をつける

・そのポジションにマッチする職務経歴書を提出する

上記を踏まえて応募することで内定の確率は大きく変わります。弊社エージェントファインダーでは電通への内定実績豊富な転職エージェントが最新の募集状況の中からあなたに見合ったポジションを提示し、そこに向けた職務経歴書のブラッシュアップをサポートします。興味のある方は以下からお問い合わせください。

(2)電通に特化した面接対策をする

電通の中途採用では書類選考後、3回の面接が行われることが一般的です。一次面接は現場社員課長クラス、二次面接は人事管理職、最終面接は役員が担当します。

面接においてはこれまでのキャリアや電通を志望した理由についての質問がなされ、「スローガン:Good Innovation)」「ステートメント(Entrepreneirship+Ideas+Technology)」と呼ばれる企業理念を深く理解したうえで対策をすることが重要です。

まずは一次面接を確実に突破できるよう、過去問をベースにトレーニングしましょう。トレーニングにあたっては電通への内定実績が豊富な転職エージェントの力を借りることをお薦めします。

(3)選考が進むにつれ、面接もレベルアップする

電通の面接は一次面接が最難関とも言われていますが、当然ながら二次面接、三次面接と選考が進むにつれて質問の内容も変わり、より核心を問う質問がされます。各ステップを確実に突破するには選考が進むにつれ、面接もレベルアップしていく必要があります。

そのためには面接後のフィードバックをきちんとしてくれる転職エージェントのサポートを利用すると良いでしょう。仮にHPから自主応募したケースでは一次面接の結果、電通側があなたをどのように評価したかはわかりません。しかし転職エージェントを通すことで「一次面接であなたが評価されたポイントはここ、逆に不安要素はここ」としっかりフィードバックをもらえます。そのため二次選考では評価ポイントをよりPRし、不安要素を少しでもなくせるような裏付けを語ることで採用確率を最大限高めることができます。

3つ観点を網羅できるのはTOPエージェントだけ

これら3つの観点を漏らすことなくサポートができるのは、電通への内定実績TOPクラスの転職エージェント・コンサルタントに限られます。

弊サービスのエージェントファインダーは、人気企業への内定実績TOPクラスの転職エージェントをご紹介する、日本初のサービスです。ご登録いただくと電通に圧倒的な内定実績を誇るコンサルタントをご紹介することができます。転職をご検討中の方は以下からエージェントファインダーにご登録ください。

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2020.11.27

博報堂の転職成功に欠かせない3つのポイント

READ MORE

2020.08.25

アクセンチュアへの転職成功に欠かせない3つのポイント

READ MORE

2020.08.20

KPMGへの転職実績TOPクラスのキャリアコンサルタントに相談しませんか?

READ MORE

会社名株式会社AGENT FINDER

代表者粕谷 暢司

本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂5F

設立2019年10月

問い合わせinfo@agent-finder.co.jp