2020.04.10

【内定への近道! 業界・企業特化型“転職エージェント”を選ぶ理由】vol.2面接対策の徹底が、転職成功へ導く

どんなスキルを活かしどんな業界・企業を志望しているのか、個人のニーズに沿ったエージェント探しが、転職成功のキーになります。業界・企業特化型エージェントは、個人と企業の最適なマッチングのためにどんな工夫をしているのか。第二弾の本記事では、内定確率を大きく左右する「面接対策」について、エージェントファインダー代表取締役・粕谷暢司氏が解説します。

企業・個人に沿った面接対策で、内定確率を上げる

●企業の事業戦略・採用戦略に基づいて、求める人物像を熟知
業界・企業に特化した人材エージェントの多くが、内定確率を上げるために行っていること。それが「面接対策」です。
面接対策は対面で行うものから、面接対策シートなどを活用しメールや電話でサポートするものまで、エージェントによって形式はさまざまです。中には、一次面接、二次面接、最終面接とそれぞれのフェーズで面接対策の時間を設けるエージェントも存在します。
業界・企業に特化しているエージェントは、その企業の事業戦略やそれに基づく採用戦略をしっかりと研究、把握していることも多く、各企業が求める人物像を分解し、具体的に知りたがる実績をはじめ、選考の決め手となるポイントを熟知しています。企業理解が深いため、求職者にとってはアピールになるとは思えない経験やスキルも、「その経験こそ企業が求めている」と明言できる。また、一次面接後に企業からフィードバックをもらい、それをもとに次の対策を考えることもできます。

●入社後の働き方を想定した回答をアドバイス
エージェントからの面接対策アドバイスには、次のような内容があります。

このように、選考を受ける企業の働き方を想定したアドバイスにまで切り込んだり、答え方のポイントまで詳細にしてくれるエージェントも少なくありません。
エージェントが面接担当者の特徴や好みを理解している場合は、求職者に事前にタイプをインプットしておくことで、心構えがしやすくなるメリットもあるでしょう。
実際に、採用が決まった方から、

「面接対策をしてくれたので、自信をもって臨むことができました」
「事前に用意していた内容をそのまま聞かれて驚いた。面接対策がなかったら合格しなかたと思う」

という声は多く聞かれます。面接対策の強化はそのまま内定確率を高めることににつながる、そう実感しています。

●人事担当者と一緒に採用成功を実現する
企業との信頼関係が築けているエージェントの中には、企業側にさらに突っ込んだ提案をしている方もいるようです。
その一つが、「面接担当者の事前調整」です。
面接担当者の特徴やタイプを見極め、「この求職者にはあの面接担当者が合うのではないか」と人事担当者に提案する。あるいは逆に、「この方をぜひとも採用したい」と思う企業から、「現場の面接担当者は、どういうタイプをアテンドするとよいか」と相談を受けることもあります。「一次面接の段階から、現場のトップに会っていただきたい」などと、選考プロセスの調整まで提案するケースもあり、実績のあるエージェントは、“人事と一緒に採用を成功させていく”というスタンスで動くことができるのです。

vol.3につづく

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2020.11.27

博報堂の転職成功に欠かせない3つのポイント

READ MORE

2020.10.21

電通へ転職・内定するために必要な3つのポイント

READ MORE

2020.08.25

アクセンチュアへの転職成功に欠かせない3つのポイント

READ MORE

会社名株式会社AGENT FINDER

代表者粕谷 暢司

本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂5F

設立2019年10月

問い合わせinfo@agent-finder.co.jp