2021.09.09

EYストラテジー・アンド・コンサルティング内定の裏側を担当ヘッドハンターが解説!

エージェントファインダーを通じて大手コンサルティングファーム、EYストラテジー・アンド・コンサルティングストラテジー・アンド・コンサルティングに転職されたOさん。未経験のポジションながら見事内定に至った背景には、コンサルティングファームへの転職で圧倒的な実績を誇る転職エージェントNさんのサポートがありました。

ヘッドハンターであるNさんは、Oさんのキャリアをどのように考えていたのでしょうか。またコンサルティングファームへの転職を強く希望されていたOさんをどのようにサポートしたのでしょうか。Nさんにお話を伺いました。転職者Oさんのインタビューもあわせてご覧ください

コンサルティングファームへの転職に強い、ヘッドハンターNさん

大学卒業後、東証1部上場企業に入社し、営業部門に勤務。営業活動を通じて4大経営資源である「人」、「物」、「金」、「情報」の中でもとくに「人」に関心を持ち、人材業界に転職。——株式会社にて、約15年にわたりコンサルファーム業界を主に担当している。世界を代表する外資系コンサルファームから日系の一流コンサルファームまで、パートナーや人事担当者と築いた信頼関係が最大の強み。

※エージェントファインダーに会員登録いただいた方に、コンサルタントのプロフィールを公開します。 但しご経歴によっては、情報を提供できない場合がございますことをご了承ください。

初回の面談から感じた、コンサル転職への強い可能性

弊社エージェントファインダーから、コンサルティングファームへの転職を希望されているOさんをご紹介し、転職をサポートいただきありがとうございました。結果として見事内定・入社されましたがOさんがコンサルへ内定するする可能性を最初から感じていらっしゃったのでしょうか?

N氏:Oさんは新卒でコンサルティングファームへ入社され、事業会社を経験したいと外資系メーカーに転職されていました。

最初にお会いした時から「事業会社を辞めたい理由」「コンサルファームに戻りたい理由」が明確でした。2社を経験したことでコンサルと事業会社の違いをしっかりと感じ、その上でコンサルティングファームを志望されていたので企業へも推薦しやすく、内定は堅いと思っていました。

またアウトプットにこそご自身の介在価値があると捉えており、そういった考え方や気質も非常にコンサル向きな方だと感じていました。

実際にこういった点はアピールポイントとして推薦時に企業にも伝えていました。

「転職」がゴールの人は、転職を繰り返す。長期的なキャリアを踏まえて求人を提案する

コンサルティングファームへの転職を考えていたOさんにどのような求人を提案されたのでしょうか。

Oさんはコンサルティングファームへの転職を第一に考えていらっしゃいました。これまでのキャリアからもその思いは十分理解できるのですが、「転職」がゴールの人は転職を繰り返すことになります。Oさんはお若いですがすでに2社経験されています。転職をゴールとせず現職での不満を解決できるところ、そしてコンサルティングファームで長期的なキャリアを積んでいくときにどういったポジションがいいのかを考え、求人を提案していきました。

Oさんによると「1社につき3つのポジションを提案された」とのことですが、これにはどういった背景があったのでしょうか。

これまでの経験が活かせるポジションを2つ、未経験のポジションを1つとバリエーションを見せ、転職後の仕事内容を具体的にイメージしていただきながら希望を擦り合わせていきました。

結果的に内定されたのは未経験のポジションです。これはコンサルティングファームの中でも非常に重要で、コロナ禍という社会不安や景気の波を受けないポジションです。間違いなく今後伸びていく領域ですし、経験者がまだ少ない分野です。コンサルティングファームでの長期的なキャリアを考え、またOさんの志向や興味関心にもマッチする分野だったので提案をさせていただきました。

面接は過去問をベースに対策を練る

面接対策もかなり手厚かったと聞いています。対策はどのようにされたのでしょうか?

面接対策の進め方は色々あるのですが、Oさんは意志がはっきりしていて自分の言葉で話すことを大切にされていました。そのため、過去の面接で聞かれた質問やコンサルティングファームで最近聞かれる質問のリストをお渡しし、それに対する答えを用意していただきました。

あとはオンラインでOさんが用意された答えを確認し、内容や伝え方の部分に対して必要に応じてアドバイスをしていきました。Oさんがしっかり準備されていたので、面接準備はとてもスムーズに進みました。

EY内定の決め手は未経験ながら「自分の言葉」で語れたから

Oさんが未経験のポジションでEYストラテジー・アンド・コンサルティングに内定された決め手はどこにあったとお考えですか?

Oさん自身がそのポジションについてしっかりと調べ、自分の言葉で仕事の意義や転職したい理由を語れたことが大きかったと思います。

未経験ながらも自分でリサーチし、またその過程で大きな気づきがありました。若くして転職を経験してきたキャリアも踏まえ、Oさんだからこそ語れるエピソードを自分の言葉でしっかりと伝えたことで内定へと至ったように思います。

Oさんが転職されたポジションは今後必ず伸びていく、重要なポジションです。事業会社への転職を経験したからこそ「自分にはコンサルタントが向いている」と気づかれたOさんがこの領域に根ざし、コンサルタントとして成長されていくことを楽しみにしています。

貴重なお話、ありがとうございました。

事業会社からEYストラテジー・アンド・コンサルティングに内定!徹底した面接対策で未経験でも選考突破

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2021.08.30

事業会社からEYストラテジー・アンド・コンサルティングに内定!徹底した面接対策で未経験でも選考突破

READ MORE

2021.07.19

大手日系企業のシステム会社、社内SEから日本IBMに内定!年収は400万UP!

READ MORE

2020.11.05

リクルートカーセンサーへの転職。内定者に聞く面接通過の秘訣

READ MORE