2021.05.18

転職エージェントとの面談を有意義な場にするために、準備すべき2つのもの

転職エージェントとの初回面談までに何を準備していけばいいでしょうか?と質問を受けることがあります。エージェントとの初回面談はその後の転職成功を大きく左右する、とても大切な場です。そこで今回は転職エージェントとの面談を有意義な場にするために、準備しておくべき2つのものをお話しします。

この記事を書いた人
(株)エージェントファインダー代表取締役 粕谷暢司

青山学院大学卒業後、株式会社リクルートのHR事業部で法人営業とリクナビNEXTの新サービス開発を担い、退職。株式会社サムライソウル設立しリクルートグループへの内定率・決定数TOPクラスの転職エージェントへと成長させる。どのコンサルタントから受けるかで内定率は変わることを体感し、TOPエージェントと転職者を繋ぐエージェントファインダーを創業。

面談は転職エージェントにとってのヒアリングの場

転職エージェントと初めて接触する初回面談の場。これはエージェントの立場に立つとヒアリングの場です。

デキるキャリアコンサルタントであるほどしっかりヒアリングをします。デキる営業は商材を売るのではなく課題解決というソリューションを売りますがそれと同じ原理です。

「転職」という商品を売るのではなく、転職者が抱える課題を解決するために「転職」というソリューションを提供するです。課題を解決するにはしっかりヒアリングをする必要があるので、ここを怠るキャリアコンサルタントは要注意です。では面談には何を持っていけばいいのでしょうか。

初回面談に準備すべきもの①これまでの経歴

初回の面談までに話せるよう準備しておくべきものの1つ目は、これまでの経歴です。この時点で必ずしも職務経歴書が出来上がっている必要はありませんが、これまでどんな仕事をしてきたのかをしっかり語れるようにしましょう。

  • どのような企業のどんな部署か
  • 何をする仕事か
  • 誰とする仕事か
  • どんな役割を担っているか

このあたりはしっかりと話せるようにしましょう。

初回面談に準備すべきもの②転職で実現したいこと

初回面談までに用意すべき2つ目は、転職で実現したいことや希望条件のイメージです。将来こうなりたいから次のステップではここをクリアしたい、同業界の競合他社、働き方がクリーンな会社、今より少しでも年収をあげたい・・・どんな些細なことでも構いません。

未来への希望、現状の何を変えたいのか、次の転職で実現したいことを語れるようにして来てください。

現状と未来のギャップを埋めるのがキャリアコンサルタントの仕事

キャリアコンサルタントが求人を提案するのは①現在(これまでの経歴)と②未来(転職で実現したいこと)のギャップを埋めるためです。そのため現在と未来の方向性がある程度把握できないことには求人の提案ができません。

そこまで具体的に希望を詰めていく必要はありませんが、ある程度の方向性を持った上で面談に臨むようにしましょう。

同じことを話しても提案される求人は違う!?

現在と未来のギャップを埋めるのがキャリアコンサルタントの仕事ですが、全く同じことを話してもコンサルタントによって提案する求人が違う、という点は是非とも知っておいていただきたいです。それは

①持っている商材(求人)が違う

②コンサルタントとしてのキャリアが違う

からです。①についてはご存知の方が多いと思いますが、転職エージェントによって持っている求人は違います。例えばある大手人気企業A社が中途採用をしたとします。大手ともなると募集ポジションは多岐に渡るため求人A、求人B、求人C・・・とポジションによって効率的な採用手法を検討します。この転職エージェントは営業職に強いから求人Aをお願いしよう、この転職エージェントからは過去に優秀なエンジニアを紹介してもらったから求人Bをお願いしよう。という具合です。そのため転職エージェントによって持っている求人が異なるのです。持っている求人が違えば提案内容は異なります。

②は、コンサルタントは「受かりそうな求人を提案する」という傾向にあることを意味します。目の前の転職者が内定が得られそうな求人を紹介し、内定が難しそうな求人は紹介しません。それは内定・入社が決まって初めてコンサルタントはフィーを受け取れるからです。そしてこの「受かりそうな求人」をどう捉えるか?コンサルタント個人の経験・力量によって大きく変わります

この辺りの詳細はまた別のブログで詳しくお話しできればと思います。転職者の方には「コンサルタントによって提案内容は違う」という大前提を知った上で、まずは複数エージェントと接触する、その中で信頼できるエージェントに絞り込むという行動をとっていただくと満足のいく転職が実現できると思います。

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2021.05.25

転職エージェントは複数利用すべき理由とボスコン/リクルートの転職事例

READ MORE

2021.04.20

転職エージェントは「求人を創れる」!?知られざる優良エージェントの底力

READ MORE

2021.03.29

給与交渉をするなら転職エージェントを使うべき理由と、交渉に強い転職エージェントの見分け方

READ MORE

会社名株式会社エージェントファインダー

代表者粕谷 暢司

本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂5F

設立2019年10月

問い合わせinfo@agent-finder.co.jp