2021.04.20

転職エージェントは「求人を創れる」!?知られざる優良エージェントの底力

優良転職エージェントと日々接していて思うのは、本当に優秀なヘッドハンター/キャリアコンサルタントは皆共通して「ポジションメイク」ができます。ポジションメイクとは何か?それは「求人を創り出す」ことです。

敏腕ヘッドハンターは他社が持っていない非公開求人を持っていることが多いですが、それだけでなく自ら求人を創り出すことができてしまうのです。この記事で詳しくお伝えします。

この記事を書いた人
(株)エージェントファインダー代表取締役 粕谷暢司

青山学院大学卒業後、株式会社リクルートのHR事業部で法人営業とリクナビNEXTの新サービス開発を担い、退職。株式会社サムライソウル設立しリクルートグループへの内定率・決定数TOPクラスの転職エージェントへと成長させる。どのコンサルタントから受けるかで内定率は変わることを体感し、TOPエージェントと転職者を繋ぐエージェントファインダーを創業。

敏腕ヘッドハンターはポジションメイクができる

敏腕ヘッドハンターが自らポジションを作った事例はよく耳にします。弊社エージェントファインダーに参画しているヘッドハンター・キャリアコンサルタントの事例をお話します。

注目のネットベンチャー執行役員の事例

機密情報の観点から社名は伏せますが、2021年に東証マザーズに上場したDX推進企業A社のケースです。弊社参画のヘッドハンターがアドテク領域で優秀な人材を見つけました。この方が入社すればA社の事業が伸びるに違いないとA社社長に紹介をしました。

もともとアドテク人材の採用ニーズはありませんでした。ところが社長に推薦すると採用となり、事業の成長に大きく貢献したことから今では執行役員になられています。

優秀なヘッドハンターやキャリアコンサルタントはクライアントの事業に精通し、どのタイミングでどのような人材がジョインすれば事業が成長するかを熟知しています。

自動車整備士がソニーに入社した事例

以下の記事では採用ニーズのなかった自動車整備士の方がソニーに入社した事例が語られています。

ソニーへの内定実績多数!元半導体エンジニアだからこその技術理解で、300名のエンジニア転職をサポート

「この仕事をしていて楽しいと感じるのは、こんなキャリアの方がここに転職!?という、普通では考えもつかないキャリアップのサポートをする機会に恵まれることです。 例えば自動車の整備士をされていた方がソニーに決まったことがあるんです。 整備士から車のサプライヤ―へ転職し、そこで評価された方です。当時のソニーはまだ自動車には精通しておらず、今後必要なのではないかとご提案したところ、バチンとはまり、転職が実現しました。」

こちらもソニーの求人ありきで推薦をしたのではなく、ソニーの事業動向を読み取り、一歩先をいく提案で採用が実現しました。

ポジションメイクができるのはブティック型の転職エージェント

企業の人材採用ニーズが生まれる瞬間は「社長や事業責任者の頭の中」です。皆さんの元に届く「求人」という形でそのニーズが顕在化するのはもう少し後のフェーズです。

社長や事業責任者クラスの方の頭の中がわかるエージェントは求人の提案、ポジションメイクができるのです。

ブティック型転職エージェントの強さ

このポジションメイクの行動は大手転職エージェントではできません。求人企業の対応をするリクルーティングアドバイザーと、転職者の対応をするキャリアアドバイザーで担当が分かれているからです。

この点、ブティック型の転職エージェントは「両面型」と言い、一人のヘッドハンター・キャリアコンサルタントが求人企業を訪問し、自ら転職者と面談をします。一人で企業・転職者の両面を担当するからこそ企業の潜在ニーズを見つけ、提案することができるのです

敏腕コンサルタントとの出会いを実現する、エージェントファインダー

敏腕コンサルタントだけをご紹介するエージェントファインダーには、ポジションメイクができるレベルのコンサルタントのみが参画しています。

厳しい参画基準をクリアした業界トップクラスのコンサルタントをご紹介しますので、優良転職エージェントをお探しの方はご登録ください。

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2021.06.30

転職エージェントがやるべき模擬面接より大事なこと

READ MORE

2021.06.21

転職エージェントによって書類選考通過率が違う!?エージェントと書類選考の裏話

READ MORE

2021.05.25

転職エージェントは複数利用すべき理由とボスコン/リクルートの転職事例

READ MORE