2021.02.26

転職エージェントに見捨てられる?その原因と対処法を解説します

転職エージェントに登録したものの連絡がこない、求人を紹介してもらえない…など「転職エージェントに見捨てられた」と感じることはありませんか?転職エージェントを経営している私からお伝えすると、転職エージェントが転職者を見捨てるという話はよくある話なんです。

ではなぜそんなことが起こるのでしょうか。今回はその原因と対処法についてお話します。

この記事を書いた人
(株)エージェントファインダー代表取締役 粕谷暢司

青山学院大学卒業後、株式会社リクルートに入社。HR事業部で法人営業とリクナビNEXTの新サービス開発を担い、退職。株式会社サムライソウル設立し、リクルートグループへの内定率・決定数TOPクラスの転職エージェントへと成長させる。転職者に圧倒的に支持される転職サービスを目指して株式会社エージェントファインダーを設立。

転職エージェントに見捨てられるってどういうこと?

  • 転職エージェントに登録したのに連絡がこない
  • 希望を伝えたのに求人を紹介してもらえない、紹介してもらえたものの求人数が少ない
  • 対応が雑、ぞんざいに扱われている印象を受ける

もしあなたがこのような状況である場合、転職エージェントに見捨てられている可能性があります。

では「転職エージェントに見捨てられる」とはどういうことでしょうか?

転職エージェントを経営している筆者の目線で端的にお伝えすると、それは「他の転職者に比べてあなたの優先度が低い」ことを意味します。辛辣な表現に聞こえるかもしれませんが、転職エージェントも事業ですから売り上げを上げなければなりません。誰にサービスを提供すれば売り上げが立つかを考えて動くのは合理的な行動です。

転職エージェントのビジネスモデル

ご存知の方が多いと思いますが、転職エージェントの売り上げは転職者が転職を実現し、入社することで初めて発生します。企業側から入金される「採用決定フィー」が売り上げとなるわけです。

売り上げをあげるためには企業が求める人物像を熟知し、その人物像に近しい人材を推薦する必要があります。推薦した後も、選考を通過するためにキャリアの棚卸や面接通過のアドバイスをします。

転職というのは転職者にとっては生活や人生を大きく変える意思決定です。企業にとっても大きな投資ですから慎重に判断されます。キャリアコンサルタントはこの両者の重い意思決定にかかわるため、可能性のある転職候補者にしっかりと向き合い、内定の確度を上げる必要があります。

つまり、ここで「内定確度が低い」「転職可能性が低い」とキャリアコンサルタントに思われると、あなたにサービス提供をする優先度が下がります。そのため転職者からすると「見捨てられた」という印象を受けることになるのです。

転職エージェントに見捨てられやすい人の特徴

では転職エージェントに見捨てられやすい人、キャリアコンサルタントに「転職の実現可能性が低い」と思われるのはどのような人でしょうか?キャリアコンサルタントの立場に立って考えるとイメージしやすいでしょう。

  • 転職意欲の低い人

とりあえず登録をしてみた、転職するかまだ決めていない、いいところに内定をもらえたら転職を考えたい…転職意欲の低い人、希望が曖昧な人は「転職の実現可能性が低い」と判断されます。 

  • 求人とマッチしない人

異職種の転職や、あまりにも高望みをしている場合、求人を紹介することは難しいです。ただ、この点についてはキャリアコンサルタントによって捉え方が異なります。あるコンサルタントでは見捨てられた転職者が、別のコンサルタントを通じて希望通りの転職を実現するケースもあるので注意が必要です。

  • 他エージェントを優先的に使っている、連絡がとれなくなる、など誠意の感じられない人

すでに内定を得ている、他のエージェントから受けたい企業は受け尽くしている、様子伺いに登録した、エージェントからの連絡を放置している…転職者にとって対峙するエージェントの優先度が低いと必ずコンサルタントにとってのあなたの優先度も下がります。

こういった3つの片鱗が少しでも感じられると、エージェントから見捨てられる、優先度を下げられるケースがあるので気をつけましょう。

もう見捨てられない!転職エージェントと良好な関係性を築くために

以上を踏まえると、転職エージェントに見捨てられないためには転職に対する熱意と、エージェントに対する誠意を見せる必要があります

ただ、中にはあなたが熱意と誠意を見せても良好な関係性を築けない不誠実な転職エージェントも存在するでしょう。現在日本には2万社を超えるエージェントが乱立し、そのサービスレベルは玉石混合だからです。

少しでも合わない、信頼できないと感じたときは転職エージェントを思い切って変えてみることをおすすめします。転職は大きな意思決定ですから、エージェントは慎重に選びましょう。

なかなかいいエージェントと出会えない、という方は弊社が運営している【エージェントファインダー】に登録してみてください。

あなたの希望のキャリアから、最適の転職エージェントをご紹介します。エージェントファインダーには内定率が業界TOPクラス、表彰実績があったりと転職者・求人企業双方から全幅の信頼を得ているエージェントのみが参画しています。転職者からの評判はお墨付きですから、気になる方は是非ご登録ください。

Pocket

入社したい企業がある方は
まずはお気軽にご相談ください

合わせて読みたい関連記事

2021.03.29

給与交渉をするなら転職エージェントを使うべき理由と、交渉に強い転職エージェントの見分け方

READ MORE

2021.03.15

非公開求人とは?企業が求人を非公開にする理由から、非公開求人の探し方まで解説

READ MORE

会社名株式会社エージェントファインダー

代表者粕谷 暢司

本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂5F

設立2019年10月

問い合わせinfo@agent-finder.co.jp